ごはん ときどき C++、わりとてぃーぶれいく☆

Wonder Rabbit Projectのなかのひとのブログ。主にたべもの。

「占然菜」(せんねんさい)

白ごはんのお供「占然菜」(せんねんさい)。たいへんうまい。

f:id:USAGI-WRP:20181202090313j:plain

占冠(しむかっぷ)の占冠山村産業振興公社の行者にんにくのこうじ漬け製品。いわゆる「三升漬」の一種。

f:id:USAGI-WRP:20181202090259j:plain

北海道が広く様々な土地からの移民が味を作ってきた歴史を持つように、「北海道の三升漬」のレシピは幅広い。私は何度か甜味を強くしすぎた製品にあたり、中には食が進まないものもあった。

占冠山村産業振興公社の「占然菜」は広義のこうじ漬け製品にありがちなそれらしい甜味もあるが、行者にんにくの風味が良く、東北舌が三升漬に期待するような辛味もしっかりとあり、白ごはんのお供としてたいへんわたしのお好み。

ちなみに、今日から米が「ゆめぴりか」になりました。近年はほとんど便利の良い「ななつぼし」で過ごしていますが、 "炊きたてを食べる白ごはん" としてはやはりゆめぴりかは最高ですな😋 うまい。

モートリュフ ROTHCHILD

試食して美味しかったのでふわっと買ってきたチーズ「モートリュフ ROTHCHILD」、フランス産。調達は大丸札幌のチーズ王国。

f:id:USAGI-WRP:20181201121420j:plain

トリュフの線がチーズの中央に入っている。

f:id:USAGI-WRP:20181201121424j:plain

これはあんまり状態が良くない気がするので、保存状態のもっと良いものを食べてみたいな。

このチーズについて、詳しい事はあとでお家で調べればいいかなーって思って買ったのだけど、「フランスのロスチャイルドさん(またはブランド名化している)の作ったトリュフ入りのブリー・ド・モー系(白黴系の一種)のチーズ」という名前でわかる以上の事は日本からの簡単なぐぐりでは分かりませんでした😂

風味はしっかりしているけれど嫌な臭さはほとんど無いチーズで、今回は蒸したキタアカリに乗せて食べました。

コンビニエンスストアーの納豆手巻きを食べ比べたメモ

製造工場やレシピの地域差、時期による違いなどあるのかも。

我が家で作る納豆巻きは酢が好きなので酢飯はしっかり酢の風味を強く、納豆は中粒をそのままで巻き込み納豆の風味も高め。コンビニエンスストアーの納豆巻きは酢飯、納豆ともに我が家で作る納豆巻きに比べるとやや物足りない印象。

沖縄特産販売のホットソース "ShimaKaRa SPICY HOT" が美味しい「ごーやー・しまから」を作った

ShimaKaRa SPICY HOT (シマカラ・スパイシー・ホット)

f:id:USAGI-WRP:20180807210045p:plain

↑沖縄特産販売の "ShimaKaRa SPICY HOT"(シマカラ・スパイシー・ホット)。たまに立ち寄る「わした」の札幌店で見掛けて気になり入手しました。島唐辛子やアカハチなど激辛党でもしっかり辛ウマーと思える唐辛子製品の多い沖縄産のホットソース。シークヮーサー入りというところに興味を惹かれて購入。

辛さはそれほど強烈なレベルでは期待せずでしたが、たぶん世間一般的には十分に激辛級で、激辛党としても美味しい辛さをしっかりと感じられる良いホットソース。シークヮーサー入りについても期待通りの爽快感が得られる好いアイテムで、私のお気に入りのホットソース群の上位に仲間入りしました😃

このホットソースは泡盛などの酒類を使用していない辛味と酸味、そしてシークヮーサーの爽快感の強い風味が主体となっているので、料理への応用の幅も広く楽しめそうです。

ごーやー・しまから

さっそく、そしてせっかくの沖縄という事でごーやーを使った簡単なシマカラ・スパイシー・ホットのお楽しみ料理を製造。

f:id:USAGI-WRP:20180807211653j:plain

↑「ごーやー・しまから」と命名。ごーやーを塩で浅漬けにした後、シマカラ・スパイシー・ホットをたっぷり和えたお手軽で爽快系なごーやーの浅漬け。材料はごーやー(せっかくなので沖縄産)、食塩(ごーやーの2%重量程度)、シマカラ・スパイシー・ホット(お好みでたくさん)のみ。塩漬けは24時間程度がおすすめです。

お手軽にごーやーのほんのり苦い美味しさ、浅漬けのしゃきしゃきとしつつ柔らかで食べやすい食感と塩加減、シマカラ・スパイシー・ホットの爽快な辛さとシークヮーサーの風味を美味しく楽しめます😃

参考

  • 沖縄特産販売 http://okitoku.co.jp/
    • 製造元のはず…ですが、この記事の執筆時点では「商品の紹介」にシマカラ・スパイシー・ホットは見つけられず😭

チーズ工房小栗のウォッシュタイプ「ウメ」と「カスガ」

チーズ工房小栗のウォッシュタイプのチーズ「ウメ」と「カスガ」。梅酒でウォッシュした「ウメ」。塩水でウォッシュした「カスガ」。

f:id:USAGI-WRP:20180120150656p:plain

↓「ウメ」;賞味期限2018年3月7日、2018年1月20日の状態

f:id:USAGI-WRP:20180120150727p:plain

↓「カスガ」;賞味期限2018年2月18日、2018年1月20日の状態

f:id:USAGI-WRP:20180120150809p:plain

f:id:USAGI-WRP:20180120151134p:plain

チーズ店では "匂いの強いチーズ" と紹介されているけれど、たくさんのチーズを食べて "くさいチーズのにおい" に慣れてしまっていると "かなり穏やか" な "チーズのよい香り" のウォッシュチーズです。 "皮" ごと美味しく食べられるウォッシュチーズ。「ウメ」、「カスガ」、ともに中の質感は "とろり" として柔らか。

「カスガ」は乳のまろやかな風味が素直に熟成された甘さと優しい塩加減のバランスが絶妙な美味しさ。「ウメ」はアルコールウォッシュ系のややすっきりとした感じに梅酒由来の風味が優しくも面白い仕上がり。どちらも美味しいウォッシュチーズです😋

参考

道央農業協同組合の「冷凍ハスカップ果実」

ハスカップ、ブルーベリーよりも穏やかな酸味と甘さながら赤ワイン用の葡萄のようにとても深く濃い風味の果実。酸味と濃い風味が気に入ってわりと好き。

f:id:USAGI-WRP:20180117173132j:plain

JAのおじさん曰く、「ロシアから鳥に運ばれた野生種を元に北海道の一部地域で栽培されているものの果実はブルーベリーよりも潰れやすく木には棘もあるため収穫難易度が高く希少な果実」。

参考

  1. 農産物のご紹介|道央の農業|JA道央
  2. ハスカップ冷凍果実・500g

函館のトナミ食品の「いかそうめん」

食べやすい小分けのカップ入りの冷凍で購入できる函館のトナミ食品の「いかそうめん」。新鮮ないかをたったいま捌いたかのような美味しさ😋 マーケットで適当ないかを購入してくるよりも美味しくて、そのうえ冷凍保存なので日持ちの心配も無く便利😃 なかなかよいです。

f:id:USAGI-WRP:20180114162846j:plainf:id:USAGI-WRP:20180114162903j:plain

参考