ごはん ときどき C++、わりとてぃーぶれいく☆

Wonder Rabbit Projectのなかのひとのブログ。主にたべもの。

味遊たくみやの海鮮生珍味、海鮮漬け

“味遊たくみや"は札幌市西区にある海鮮生珍味、海鮮漬けを製造販売する"拓味食研"社のブランド。中央区にも「きたキッチン」の出張販売で売り子さんの対面販売に遭遇する事もあります😃

↓「にしん酢漬」。北海道民にはお馴染みの"鰊漬け"です。加工の丁寧な大きく綺麗なにしんの身がごろごろ、小さなつぶつぶはししゃもの卵、千切りの生姜、緑のせり、透明のひょろっとした物体はフカヒレに見立てたアルギン酸の海藻サラダ的なもの。原料に保存料やソルビトールを使用しているところが少々難ですが、見た目にも味としても美味しいです。

f:id:USAGI-WRP:20170828125412j:plainf:id:USAGI-WRP:20170828125452j:plain

↓「いか明太」。原料のいかの鮮度が良いようでプリプリとし、やや多めに絡まる明太もご飯のお供にちょうどよいやや塩辛めの良い塩梅で楽しめます。つぶつぶはししゃもの卵、たらこ、南蛮を和えてあります。他に原料に増粘多糖類とタール色素(赤102号)を使用しているところはとても残念ですが味はなかなか良いです。

f:id:USAGI-WRP:20170828130841j:plainf:id:USAGI-WRP:20170828131351j:plain

↓「北海たこわさび」。やや刺激が強めにピリリと来るたこわさもたこの食感も良く美味しいです。蛋白質加水分解物、ソルビット、増粘多糖類など使われているところは残念。

f:id:USAGI-WRP:20170831014730j:plain

↓「ほたて」。オンラインでは販売されていない対面販売アイテム。ほたての海鮮漬けは他社製品でもあまり見かけないのでその意味でも珍しい珍味かも。程よく味付けされていて美味しいです。たぶん増粘多糖類、ソルビットなど添加物が使われていそうなところは残念(原材料表示が無いため詳細は不明)。

f:id:USAGI-WRP:20170831015158j:plain

味遊たくみやブランドの海鮮製品は何れも鮮度の良い主原料とバランスの良い調味で美味しいです。札幌市内では私の知る限りではいちばんに美味しい海鮮生珍味、海鮮漬けのブランドと思います。保冷できれば数日もちますし、冷凍も可能なのでお土産にも良いかもしれません。ただ、添加物については、特にタール色素の使用が残念なところです(ソルビトールは保水性、増粘多糖類は旨味を絡めるとろみとして食味上有用なので一概に添加物だから悪いとは言えません。蛋白質加水分解物はいわゆる旨味調味料の小難しい言い方のようなものです)。

参考

  1. 味遊 たくみや |公式オンラインショップ -有限会社 拓味食研-