ごはん ときどき C++、わりとてぃーぶれいく☆

Wonder Rabbit Projectのなかのひとのブログ。主にたべもの。

美唄名物「角屋のやきそば」

f:id:USAGI-WRP:20170827040133j:plain

美唄名物のご当地B級グルメ「角屋のやきそば」。見かける事があれば一度は食べてみようかな、と思っていたアイテムの1つです。

f:id:USAGI-WRP:20170827040314j:plain

「きたキッチン」で「音威子府そば」を買おうかな、と思ったその横に居ました😅 ちなみに音威子府そばは黒さに特徴のある美味しいお蕎麦です。

f:id:USAGI-WRP:20170827040545j:plain

ピーマンを加えてアラジンで蒸し焼きにし、白葱を加えて食べてみました😋

感想としては、縁日の屋台のややハズレ気味のちょっと薄味のやきそば(塩気の強い紅生姜と合わせるとちょうどよい)、といった感じです😇 まさにご当地B級グルメ、と言った雰囲気を楽しめました😃

美唄の人々はこれを袋のまま加熱調理せずにもりもりと食べる・・・らしいという一部情報が得られました(参考2)ので、加熱した上に野菜まで加えるとは邪悪だ!とか怒られてしまうのではないかと思いながら食べました😅

だそく

紅生姜にタール色素が使われていましたが、ご当地B級グルメをたまにこうして楽しむ程度では特に心配するほどの事ではないか、心配する心労の方がよほど不健康に繋がるだろうと思い、紅生姜も美味しく・・・いや塩辛すぎではと思いつつも頂きました。

ちなみに、「美味しいの?」と問われたら、答えにはやや困ると思いますが😅、そもそもどう見てもご当地B級グルメなので味は二の次、ご当地名物なのね、という事を楽しめればそれで善いかと思います😋

参考

  1. http://xn–ogt727h.com/